新規開店

新しくブログを立ち上げました。


記事

2013年03月01日

諸行無常

今記事は、負け犬の遠吠えです。 

見苦しいので、あらかじめお断りしておきます。
 
  
 
あれは確か、2003年の6月。
 
センセイという名のヒューマンで、この地に降り立ちました。
 
私が遊んでいる横で見ていた妻が「私もやりたいな」ということで、
 
2台目のPCを購入し、シズリン降臨。
 
途中1年半ほどの隠居期間もありましたが、ほとんどの時間を一緒に過ごしてきました。
 
いろいろなことがありました。
 
いろいろな人に出会いました。
 
みんなみんな、かけがえのない大切な思い出でした・・・
 
2013年1月までは。
 
 
まだ続きそうだという楽観をあざ笑うかのような配信終了の告知。

皆がそれぞれに衝撃を受けたのは記憶に新しいでしょう。
 
あと1ヶ月か・・・ そのときはまだ、楽しく笑って終わりを迎えよう。 そう思っていました。
 
しかし・・・ それからの1ヶ月で、私の積み上げてきた思い出たちは、
 
笑いが悲鳴に、情熱が嫉妬に、楽しみが憎しみに姿を変えました。
 
現実の話で申し訳ないですが、 
 
結婚を機に長く暮らした地元を離れ、一人の友人も肉親も近くにおらず、
 
勤務地が遠い故に寄り道もできずに、自宅と勤務地を往復する毎日。
 
現実世界で、そのような状況に置かれているので、
 
妻は自分の唯一の心の支えなのです。

だからニューアースの中でも、シズリンは私の唯一の支えでした。
 
しかし、ずっと一緒だと思っていた最愛のパートナーを失っていきます。
 
最後に妖精取得を目指す!というので、それも一緒に歩みました。
 
無事に妖精を取得し、さて、これからが思い出作りの本番だな・・・と思っていましたが、 
 
シズリンは、待てども待てども帰ってきません。
 
それもそのはず。
 
強くて優しくてカッコいいブルカンに、シズは身も心も虜になっていたのですから。
 
そして、毎日無言で、しかし、いそいそとそのブルカンの元へ飛んでいくのです。
 
長い長い年月を過ごす間に色褪せていった私では、太刀打ちできませんよね。
 
そんなシズリンを見ても、何も出来ない絶望感。
 
だって、水を差すのがはばかられるくらいに、とても幸せそうで、楽しそうなんですよ?
 
刻々と迫り来る、配信終了という抗うことのできない運命。
 
日増しに強く感じていく、自分の非力さ、器の小ささ、心の醜さ。
 
決して抜け出すことのできない心の奥底の暗闇の廃墟の中で
 
嫉妬の炎に焼かれ、嘲笑という煙に巻かれながら、泣き、叫び、もがき苦しんで、
 
彼女を待ち続け、このまま終焉を迎えるなんて、私はもう耐えられません。
 
 
この世のすべては諸行無常。 弱肉強食だということが、痛いほど分かりました。
 
すべてのものは、いずれ終焉を迎えるものだと分かってはいますけど、
 
その前に、自ら終焉を迎えればいい。 そういう結論に達しました。
 
そうです。 逃げるんですよ。 醜いでしょ? 弱いでしょ?  
 
相手は仮想の世界ですが、私の現実の心は打ち勝てませんでした。
 
そして、一足先に自力で終焉を迎えれば、現実世界への影響も相当抑えられるはず。
 
ということで、ギルド脱退、キャラ消去を始めていきたいと思います。
 
既に醜く姿を変えた思い出を背負ったキャラたちを、自らの手で消していく。
 
今の自分にできる、最後の抵抗だと思います。
 
これまでお世話になった方々、本当にありがとうございました。
 
ギルド脱退の際にお会いできた方々には、お礼回りをしようと思っていますが、
 
お会いできなかった方々へも、この場を借りて、厚く御礼申し上げます。
 
posted by 風刃 at 01:16 | 東京 ☀ | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。